有線放送が顧客獲得率を左右する~それぞれの魅力をチェック~

著作権問題を避ける方法

婦人

利用における注意点

飲食店や販売店など多くの店舗ではBGMを流すことで、お店の雰囲気作りを行っていたり快適にくつろげる環境を作り出すなどしている。これらの店舗においてBGMを流す際には、注意すべき点がある。まずあるのが、権利問題である。CDやインターネット上で購入した音楽を店舗のBGMとして利用する場合には、そのまま使用すると権利侵害になるケースがある。その為、CDなどのをGBMとして利用する場合には権利団体に対して使用料を支払うなどが必要になる。但し、一定条件下では権利料の支払いなく使用できるケースもあるため確認が必要である。これらの問題を気にすることなく利用するための方法として、有線放送の活用がある。有線放送では、月額の利用料を支払い店舗などでGBMを流すことができる。有線放送の利用料には権利料も含まれた形での料金支払いになるため、権利問題を気にすることなく利用できるということが魅力である。また、店舗でのBGMではお店の雰囲気を壊さない選曲などが重要になる。これらのBGMを企業や店舗などで準備することには大きな手間がかかったりする。そのような際にも、有線放送を利用することで解決できる。有線放送では多くのジャンルの中から音楽を選ぶことができたり、お店の業態に合わせ音楽リストが用意されているなどそのまま利用できるものが多い。その為、どのような音楽を流すかをあまり考えることなく利用できることも有線放送の魅力である。

Copyright© 2018 有線放送が顧客獲得率を左右する~それぞれの魅力をチェック~ All Rights Reserved.